PHOTO2

2015年・・・機材や幕を少しずつ新調。長くやっていける手ごたえを感じたということです。

2016年・・・「ここで観劇したことがあって」「前は出演者だったんですが今回は自分のプロデュースで」というお客様が目立ちました。ありがたいことです(^^)

2017・・・「カフェ+ギャラリー」「バー+ステージ」等がどんどん出来ている最近です。果たして兎亭は生き残れるのか?